ファンデで肌荒れする場合はやめた方がいい?

ファンデをつけたら肌荒れをするという方には、ファンデと肌の相性が悪いということが考えられます。
肌の相性が悪いというのは、肌にあっていないファンデを使用しているということです。
一度、カウンターで肌質を確認してもらってください。
その上で、肌質にあったファンデを使用することをオススメします。

●パウダーファンデ:オイリー肌
ただし、オイリー肌の場合パウダーではカバー力が足りずに厚塗りになりがち。
その場合は、部分的にコンシーラーを用いたりして隠すようにすることがポイント。
リキッドファンデは全体をオイリーにするので、メイク崩れしやすいです。
仕上げにお粉(パウダリーやルースパウダー)をふっておくことで、層ができ崩れづらくなります。

●リキッドファンデ:乾燥肌
乾燥肌の場合、パウダーファンデだと肌の油分を吸収して、肌の油分が少なすぎて乾燥肌を悪化させる恐れがあります。
なので、油分・水分が豊富なリキッドファンデをオススメします。
乾燥肌でも、インナードライという場合が考えられます。
インナードライというのは、肌の内側が乾燥していて肌の外側がオイリーの混合肌のこと。
この場合も、リキッドファンデがオススメです。

ファンデを塗る場合は、必ず化粧下地を塗った上で行うようにしてくださいね。
それでも、メイク崩れをする場合、
・メイクをポイントメイクのみにする
・スキンケアの際に保湿&保水に徹底したアイテムを使用する
・スキンケアの際にクレンジング&洗顔を正しく行う
といったことが大切になってきます。