ファンデの上から日焼け止めを塗るのはやめた方がいい?

ファンデの上から日焼け止めを塗るのはやめた方がいいのでしょうか?

日焼け止めとファンデはそれぞれ役割があります。
日焼け止めはあくまで紫外線を肌から守るために使われるもの。
少ない量を何回かに分けて塗ることで、ムラを防げます。
ただし、日焼け止めは非常に乾燥しやすいので、その前のスキンケアで十分な保湿対策をしておくことが大切です。

一方、ファンデは肌理を整えたり肌を綺麗に見せるために行われるもの。
化粧下地を塗った上で行うことで、化粧崩れを起こしづらくし化粧のりも良くなります。
なので、化粧下地→ファンデはセットで行うと効果的です。

問題は、順番です。
化粧下地→ファンデ→日焼け止めなのか、日焼け止め→化粧下地→ファンデのどちらなのでしょう?

メイクののりや持ちを重視するのならば、
日焼け止め→化粧下地→ファンデ
の順番が効果的。
化粧下地のあとファンデをすぐに使わないと、ファンデの効果は弱まるといわれています。

ただ、皮脂や汗で、日焼け止めが流れやすかったり、日焼け止めによる肌への負担が大きいとも言われています。
紫外線カット効果を高めたり、化粧崩れを治す際は、
化粧下地→日焼け止め→ファンデ
の順番が効果的。

ファンデは伸びづらいため、リキッドタイプのファンデがいいかもしれません。
最近では、紫外線カットと化粧下地の両方を兼ね備えている商品がありますので、順番に迷ったらそれを利用すると効果的です。