夏のファンデの重ね塗りはやめた方がいい?

夏のファンデの重ね塗りはやめた方がいいです。

夏はただでさえ、暑い季節。
汗をかいてファンデがよれてきやすいからです。
仮にクーラーなど涼しい環境でも、肌乾燥からファンデがよれる場合があります。
なので、基本的に夏のファンデの重ね塗りはオススメできません。

ファンデの重ね塗りは、厚ぼったいイメージを与えるし、のっぺらぼうのようになってしまいがちです。
無理に毛穴の汚れを隠そうと重ね塗りすると、余計に色むらが生じたり、毛穴が目立つようになったりします。

また、重ね塗りは、クレンジングが非常に大変。
きちんと落とさないと、次の日に肌状態が悪くなるなんてこともありえます。

重ね塗りは、基本的に頬やおでこなど骨格の高い部分だけ行うことが大切。
それと、ファンデーションでカバーできる範囲は、くすみや色ムラだけだと思ってください。
シミやクマを隠そうとして厚塗りしても逆効果だということは知っておくといいですよ。
シミやクマはコンシーラーで隠すようにすると、厚塗りを防ぐことができます。(ですが、シミとクマは色むらを無くすためには、違った色で整える必要があるので注意してください)

シミやクマというものは、隠そうとせずに治していくことも大切です。
メラニン対策や睡眠時間を確保するなど、自分で出来る方法を続けていくことで解決できます。

重ね塗りは化粧崩れの要因です。
行わないようにするに越したことはありません。